南アフリカの人が勧めるルイボスティーを飲んでみた

先日、仕事の関係で南アフリカ出身の女性とあう機会がありました。
ひさしぶりに英会話で、長時間話したので、ものすごく疲れました。
そして、彼女の英語は、巻き舌でまるでアラブ系の人のような英語を話すので、とても、聞き取り辛かったので、何度も、「パードゥン」とか「エクスキューズミー?」などと言ってしまい、悪かったかなあと思いました。

ともかく、仕事の話も無事に終わり、世間話に入りました。
彼女と、健康のためにどんなことをしているかという話になりました。
私はジョギングを日課にしていることと、ローヤルゼリーを毎朝飲んでいるという話をしました。
彼女は、毎日、仕事の後ジムに通い、ルイボスティーを飲んでいるということでした。

そういえば、ルイボスティーの原産国は南アフリカだなあと思って、小さい時から、飲んでいるのかと聞いてみたら、彼女はそうだと答えました。
彼女は、私より、ちょっとだけ年下ですが、肌がものすごくきれいです。
ひょっとして、ルイボスティーの効果なのかもしれないねと私がいったら、笑っていました。

しかし、私は、冗談で言ったわけではないのです。
本当にそう思ったので、自分もルイボスティーを購入してみたいといったところ、彼女が本場の南アフリカのルイボスティーを買える場所を教えてくれました。
ネットでも買えるということなので、その日は、家に帰ってから、ルイボスティーをオーダーしました。

そして、今日、そのルイボスティーが届いたので、先ほど飲んでみました。
色は、紅茶のような色ですが、味は、プーアール茶にちょっと似たような薬っぽい味だなあと思いました。
ルイボスティーにの箱には、英語で「レッドブッシュティー」と書いてありました。
それで、赤い色をしているんだなあと思いました。
あまりにきれいな赤だったので、次飲む時は、ガラスのティーカップを使用して、目でその赤い色を楽しもうと思っています。
これで、私も美肌になれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です